homparipress.com

一度はお取り寄せしたい『ブレッドボール&スープ』

雑記ブログ

探偵や興信所の選びかた

探偵や興信所のホームページを見るときに必ずチェックしておきたい10のポイント

探偵や興信所のホームページを見るときに
必ずチェックしておきたい10のポイントを押さえることで、
気になることをプロに調べてもらえますし、
解決の糸口にもつながりやすいです。

法律から逸脱するようなな調査業務をすることは、
調査のプロとは言え権限を与えてられていません。

そのようなのようなグレーゾーンとも違法とも思われる方法では
依頼者まで犯罪者にされてしまいますので、法律は守らなくてはなりません。

不安で心配で仕方がないから相談をしたのに、
依頼を受けた以上のアクションを起こしてしまうようだと、
結果的に自分にもマイナスの影響が出てしまいます。

あくまでも依頼主からの依頼から始まり、
調査の対象となる人物についての、
張り込みや備考により調査をして結果を報告する流れです。

いかにもそれらしい成功報酬制といった名目の諸経費がかかると
格安だと思っていても、
結果的には余計に金額が跳ね上がることがありますので
注意をしなければなりません。

成功をしたら費用はいくらになるとか、
失敗の時にはいくらになるといった、
成功をした結果と失敗をした結果の、
2つの最終的なパターンでの見積もりの金額を出してもらうことです。

探偵への依頼時に料金があらかじめ高額設定をされているのは、
依頼時の調査のレベルも比例して高いと考えますが、
そこにも注意をしなければなりません。

費用が安いのか高いのかとか、
成功報酬制度化などは、
実際のところ調査にはあまり関係はないためです。

ハイレベルの調査を探偵社が確実する補償など、
金額面では保証などもありません。

安いのが粗悪なサービスといったイメージはありますが、
調査費用が高額だからベストとも限らず、
依頼に対して誠実に調査をしてくれる業者へ依頼をすることです。

探偵業の業務の適正化に関する法律といった
探偵業法で決められた方法以外で、
安心をして依頼ができることはありません。

悪徳探偵業者から興信所や探偵会社を保護するために、
国により探偵業法は作られました。

昔はあらゆる法律が緩い面がありましたので、
やろうと思えばだれでも探偵になれた時代もあります。

しかし世の中は大きく移り変わりを遂げていて、
現代ではこうした仕事に就ける人は
かなり制限をされているのが現状です。

暴力団員だとか禁錮や懲役などの刑罰を受けた人などは、
なりたくても探偵にはなれません。

未成年もなることはできませんし、
精神的に障害を持つ人にも道は開かれてはいないです。

昔はかなり自由に調査ができた時期もあったもの温、
今では探偵ができることが法律で定義されています。

してもOKなこととNGなことが明確に分かれていますので、
法に触れるようなやり方を誠実な業者はしません。

できるのは聞き込みや張り込みに尾行であり、
依頼者に報告をすることです。

反対にやってはいけないのは、
平穏な権利や生活を侵害する迷惑行為や違法行為であり、
名義貸しをするのもいけません。

実際には持っていないような
ハイレベルの機材で調査に役立たせるといった、
嘘の内容を掲載をするのはNGであり、
格安などといった言葉は誇大広告の可能性があります。

基本的に興信所や探偵への依頼は、
ワンコインでできるような安いものではありません。

それぞれの業者が独自に価格を設定をしてはいるものの、
調査対象の人物に気が付かれないように、
慎重に行動をする必要がありますし、
仕事をするのは昼間の時間だけではないです。

夜の調査や張り込みなどになれば、
それなりに余計に高くなりますので、
本当に格安料金で仕事を引き受けられるはずがありません。

契約期間内に浮気調査の証拠が得られない時、
金額の返金はあるのかどうかも確認ポイントです。

興信所側に調査の失敗原因がある場合もあるため、
契約を交わす前に料金の支払いは失敗時にどうなるのか、
必ず確認をしておく必要があります。

本当のプロである業者の場合は、
探偵社側に明らかな失敗があったときには、
契約者からは安易に全額報酬を摂らないことがほとんどです。

何パーセントかを返金するなど、
業者によっても対応は異なるものの、
探偵社側の失敗は返金の対象となることがほとんどになります。

基本的には全額支払いになるのが成功をした時と、
実は浮気ではなかったというケースです。

パートナーの帰宅時間が遅くなったり、
週末になると出掛けたり、
以前はなかった出張が増えたりすると、
浮気をしているはずといった疑いが出てきます。

しかし調査の結果で分かったことは、
実は会社帰りにネットカフェでリラックスをしていた
ということもあるのでひと口に浮気とは言い切れません。

浮気はしているものの頻度的に月に1回くらいだとか、
自元へ戻ったときにだけ年に1回の浮気をしているとしたら、
調査期間に浮気の尻尾を掴めないこともあります。

基本的に1週間以内を浮気調査の対象としているので、
そのあいだに浮気相手と合ってくれないことには、
現場をおさえることはできないです。

探偵業としてしっかり届出をしていて過去に行政処分を受けていないか確認しましょう

探偵業としてしっかり届出をしていて
過去に行政処分を受けていないか確認することであり、

一般社団法人日本探偵業協会
といった業界団体に所属しているかも忘れずにチェックです。

ホームページを見た時に
所在地や代表者の名前や経歴などが分からないと、
本当に実在をする組織なのかもわかりません。

WEBサイトの作成はIT企業などに依頼すれば、
いかにもそれらしい見た目の良いサイトを
簡単に作成することができます。

見た目の印象から最初は良いか悪いかを判断しやすく、
何となく良いイメージをもってしまいがちです。

でもいくらサイトが綺麗なつくりでも、
やけに金額が格安での提示であっても、
実際の所在地が記載をされていないのはよくありません。

ネットの世界にはたくさんのサイトがあり、
誠実に顧客を集客する企業はたくさんありますが、
反対に人を騙して収入を得ている悪徳な斎尾もあるためです。

事務所の住所が書いていないということは、
その住所を人に知られたくないためですし、
やましいことがあるための行動であり、

事務所自体ない可能性があります。

立派なホームページはいくらでも作れますし、
そもそも責任をとれる代表者がいなければ経歴さえも書けるはずがありません。

探偵業法を守った調査をせず違反すると、
探偵業者側だけではなく、
依頼主にまでその悪影響が及ぶことがあります。

探偵業の届出証明番号が
もしも探偵業法を守らずに違反をして、
それに対しての罰金刑となったとき、
その業者は探偵業を5年間は再開することができません。

探偵業法では様々な厳しいルールが定められていて、
秘密の保持糖はまさに基本中の基本です。

業務上であらゆる他人のプライベートな情報を
知ることになるのが探偵の仕事であり、
集め所ごとで集めた秘密は決してもらしてはいけません。

依頼時には個人情報を全て教えますし、
誰にも言えないことまで話さなくてはならないです。

また調査を行った結果も、
誰にも秘密にしたいと考えるのが依頼主側の考えでもあります。

探偵業法に基づく行政処分の探偵業法違反は、
法規に基づいての義務を負わせたり、
営業などを制限するなどのことです。

探偵に対する行政処分の内容として最も軽いのは、
違反があった際に指示を受ける方法であり、
必要な措置するように命ずる行政処分になります。

一部の業務停止や全部の停止を命ずるのは
営業停止の行政処分であり、
違反があった際の指示を守らないと、
半年以内での期間限定ですがこうした処置になることは避けられません。

業務を探偵業法の第三条に該当している人たちが行った場合は、
最も重い処分となる営業廃止になります。

未成年や過去に探偵業の停止処分を受けたとか、
犯罪を犯した人材や暴力団なども探偵業法の第三条に当てはまる人たちです。

過去に大きなトラブルを起こした業者に、
自分の秘密を全て話して信頼をして業務を任せることはできません。

悪徳探偵社は残念ながらゼロではなく、
信用のできる探偵社を見分けて依頼をすることが先決です。

一般的な仕事での付き合いやプライベートでも、
嘘を頻繁についたり人を騙したり、
盗みを働いたり暴力行為を繰り返す人など、
人の迷惑になる行動を起こす人はいます。

本人にとってはそれが習慣になっていて、
迷惑をかけている意識もなく、
悪い行動をやめることはできません。

家族であればまだしも、
赤の他人がそのような状態で、
その人に信頼をもって話をしたり、
深い付き合いをしたいと思う人はまずいないです。

ビジネスであれば信用で成り立つだけに致命的ですし、
信用のない人のいる企業は会社の価値まで下げてしまいまねません。

これはビジネスシーンだけではなく、
探偵を営む業者にも言えることです。

最初の相談から契約までの流れや、良心的な探偵・興信所を見分けるためにチェックしておきたいポイント

最初の相談から契約までの流れや、
良心的な探偵に興信所を見分けるためにチェックしておきたいポイントとして、
コロコロと担当が変わるようではいけません。

大手の探偵事務所なら担当者を変更することもありますが、
さほど大きない業者で頻繁に人が変わるのは怪しいです。

人が変わるということは
その事務所には従業員が長続きをしないということであり、
職場での人の入れ替わりが激しいのは何か問題があります。

これは一般企業やサービス業、
あらゆる業界にも言えることであり、
良い会社であれば誰でも長く勤めたいと思いますが、
ブラックの要素があれば人は離れて当然です。

普段は円のない探偵という世界への依頼は、
あまり楽しいことではないものの依頼をするなら、
責任をもって対処をする業者を選び必要があります。

はじめから高額な費用を支払いいきなり依頼をするのではなく、
まずは専門のカウンセラーや探偵に相談をすることから開始です。

こちらの話に耳を傾けることなく、
一方的に話をすすめたり費用面のことばかり話すようでは信用はできません。

またしばらくはお付き合いがありますので、
相談員や調査員との相性も大切です。

普段は関わることのない探偵の世界ですが、
依頼をすることになればそれは人と人との付き合いになります。

もちろん事務所以外の場所では、
親しくあったり話をするようなことはありません。

反対にそのような現場を他人にでも見られたら、
思わぬ誤解を受けかねないです。

相手はプロですから依頼者との会話も、
相談を受けることも、
報告にしても安易に人の目に触れるようなところでは行いません。

気軽に専門家に相談をできることや
カウンセラー話ができるといった7つのポイントに気をつけて、
慎重に依頼先を選ぶようにすることです。

良心的は興信所ではまるでひと昔前のエステのような、
強引な勧誘行為をすることはありません。

悪徳な場合は最初からまともに話を聞きませんが、
さらに困るのは話を聞いたうえで高額な内容での契約をさせようとすることです。

誠実な探偵社では決して傾聴を軽視はしませんし、
依頼者にとってベストなやり方で話を進めていきます。

相談をしたその日に必ず、
契約をさせようと強引な行動に出ることはありません。

調査員や専門のカウンセラーは、
調査を行うプロでありますし、
相談を受けることに関しても星の数ほどの場数を踏んでいます。

不安や心配を抱えて心が弱くなっている依頼者に、
常に寄り添った形で相談に乗ることを忘れません。

来社をした当日に高額な料金での契約を結ぼうとはしませんし、
費用面や期間的なことなどあらゆる面で
依頼主のことを最優先させるように心がけてくれます。

もしも相性のあまりあわない担当者であれば、
大きい事務所ほど単糖変更の融通もききやすいです。

なんとなく相談をして相性がイマイチだと感じた時には、
大手であれば上に相談をして変更をしてもらうなど
対処をすることも無理ではありません。

支払う金額は決して安価なものではないですから、
信用できる相性の良い担当者に事実を調べてもらうのが得策です。

急ぎたい気持ちを抑えて焦らず契約は慎重に判断しましょう

何か不透明なことが怒ったとき人間は
大変気持ちが落ち着きませんが、急ぎたい気持ちを抑えて
焦らず契約は慎重に判断をすることがとても重要です。

探偵業届出証明書に記載の内容などといった
重要事項の説明を受ける必要がありますが、
これは必ず確認をしておかなくてはなりません。

探偵社に関しての住所や社名に代表者名の情報や、
違法なことは決してしない説明のコンプライアンスは、
法令を遵守する誓いとしても必須です。

興信所はあらゆる秘密を業務上で知ることになりますが、
その内容はその会社に勤務をする間だけではなく、
今後退職をしたとしても他の誰かに漏らすようなことがあってはいけません。

集めた資料や文書に関しても、
不当な理由での利用をすることができませんし、
業者側としてはその対策を行っていることも説明内容の打ちです。

つまり秘密保持の内容であり、
業務上で知りえた情報を第三者に漏らすようではプロは務まりません。

支払いの期限や料金に関わる詳細に、
調査にかかる金額など諸費用説明も必須です。

万が一契約を解除する際には
完了をしていないために違約金の発生があるなら、
それも話さなければなりません。

業務内容の通知や依頼者における情報は、
他の探偵社へ委託をする際にはどうするかなどの内容、
調査報告の方法や時間に人数などの説明もあります。

開始した調査での音声や報告書に写真などの資料は、
時期としている処分をするのか、
また処分の時期はいつになるかも伝えられる内容です。

探偵業法第8条にはこうした内容が掲載をされていますので、
依頼主には探偵側はキチンと説明をしなければなりません。

心にスッキリとした気持ちを抱えるのは誰でも辛いものですし、
契約ははやくしたいと考えがちです。

早く解決したいという気持ちが強すぎて、
悪質な業者に着手金を渡すようなことになってはいけません。

残念ながらごく一部の業者には、
悩み事を持ちかける依頼者を騙そうとする悪い業者も存在をします。

そうした業者は丁寧にこうした説明を、
依頼主のためにすることがありません。

でも落ち着いての行動が必要であり、
大変なことになると動揺を与えて悪い業者には引っかからないことです。

探偵社の事務所では言葉巧みに高額な契約をすることになったものの、
帰ってから思い直してキャンセルをすることを思い立つこともあります。

こちらに契約をする意思がないのに、
勧誘などの働きかけでの契約
の場合はクーリングオフが可能です。

勧誘といえば昔のエステ業界ではよくあったことですが、
これは古い時代のエステ業界だけの話ではありません。

電話勧誘や訪問販売に連鎖販売取引、
訪問購入に特定継続的役務提供などもクリーンオフも適用になります。

つまり本人に全く購入をする気持ちがないのに
業者側が無理な働きかけをして契約をさせるとき、
こうした法律が役立つわけです。

お金を支払い契約を結ぶことは、
そこだけで終わるとは限りません。

キチンと自分の意思を伝えて解約をしなければ、
その後にまた違うトラブルが発生をするかもしれないので法律に助けてもらうことです。

探偵や興信所の選びかたまとめ

探偵や興信所選びで失敗しない安心のチェックポイントまとめとして、
強引な勧誘をしない信頼の業者を選ぶなどといった
10個のポイントを必ずチェックしてから最終的な判断を下すことです。

正当な調査方法以外の手段での方法を使うような、
法に触れるような業者を選んではいけません。

違法な調査の疑いがある探偵や興信所や、
探偵業の届出証明番号が不明な会社への依頼もするべきではないです。

業界団体や所属組織なども、
ホームページに正式に記載されているかも確認をします。

穏やかな毎日を送っていると、
興信所や探偵事務所との縁はなかなかありません。

それは平和でささやかながら幸せな日々であり、
不安の要素がある時には頼りになる存在でもあります。

依頼には多少の勇気を持つ必要がありますが、
依頼者のニーズに応えようとする、
誠実な探偵社はたくさんありますし、
親身になって話を聞き取り組んでくれる興信所へ依頼をすることが
解決のステップです。

本人では解決のできない不安や心配も、
プロに調査をしてもらうことで、
良い方向へと向かいやすくなります。

料金もわかりやすく無理な勧誘もしない、
信頼ができる探偵社を探すことは可能です。

いくつかのポイントを押さえて、
誠実な興信所へお願いをするのは良い方法になります。